original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

ドミニカ・セサルメルード・バラオナ ・ナチュラル 100g

¥1,040 税込

送料についてはこちら

  • 豆のまま | Whole(おすすめ)

  • 細挽き | Fine(マキネッタ)

  • 中細挽き | Medium-Fine(水出し)

  • 中挽き | Medium(ドリップ)※少し粗め

  • 粗挽き | Coarse(フレンチプレス)

ジャスミンを思わせる繊細な花や紅茶の香り、ピーチの優しい酸味、軽いハチミツのような甘みを感じさせるコーヒー。貴重な絶滅危惧種のイグアナ等が生息する生態系保護区域内にあり、自然環境保全を厳しく行なっています。 セサルは農園主の名前で、メルードはスペイン語で「はちみつ」という意味。 その甘さからついた名前です。 バラオナ州はドミニカ共和国の南西に位置し、山と海が寄り添って続くバラオナ海岸には数百本の川が海に注ぎ込んでいます。 植民地時代にスペイン人のバラオナ伯爵がここに留まったことが名前の由来と伝えられています。 また、サントドミンゴ島のスペイン側領地に初めてコーヒーが持ち込まれたのは、1735年頃、バオルコ山脈のポロ自治体からではないかと言われています。 バオルコ山脈は、ドミニカ西南部をカリブ海に沿って走り、海岸から直に切り立った山腹からすぐにコーヒー農園が点在します。 この山脈では石灰岩や珪素質の地盤を腐葉土が覆っただけの非常に脆い土壌でコーヒーが栽培されています。 このような耕地で栽培を可能にしているのは、カリブ海の風が運んでくる雲です。 ここの年間平均気温は26℃、年間降水量は2200mm(220日/365日以上)。 ジャマイカ・ブルーマウンテンと同じ緯度と、カリブ海のそよ風の近接性の影響を受け、寒暖差により果実の熟成が長くなり、非常に独特な風味が得られます。 化学肥料の使用抑制、手作業による雑草の防除、シェードツリー光度(直射日光の70%)の活用、除去した果肉の有機肥料としての再利用などの取り組みにより、高い品質が得られています。 毎年9月頃からの万遍ない降雨により徐々に熟してくるチェリーは、熟したものだけを手積みするために5〜8回にわたって収穫します。 そして発酵やカビによって劣化しないよう細心の注意を払ってパティオで棚干し乾燥後、比重選別・色彩選別にかけ、さらに手選別し、リーファで出荷します。

セール中のアイテム