original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

インドネシア・アビシニア ・スマトラアチェ・ベルゲンダール 100g

¥820 税込

送料についてはこちら

  • 豆のまま | Whole(おすすめ)

  • 細挽き | Fine(マキネッタ)

  • 中細挽き | Medium-Fine(水出し)

  • 中挽き | Medium(ドリップ)※少し粗め

  • 粗挽き | Coarse(フレンチプレス)

ドライフィグや完熟したフルーツを思わせる甘味や酸味が複雑に混じり合ったフレーバー。 しっかりとしたボディとコクによる力強い印象のコーヒーです。 スマトラ北部、ガヨ族の人々が住むタワール湖周辺の高地は、古くからアチェ・マンデリンの産地として知られています。 ベルゲンダールとは、オランダ語で山と谷を意味します。 品種アビシニア7は、1928年頃にオランダ人研究者によりエチオピアからジャワ島を経由してアチェに持ち込まれたアビシニア3という品種とティムティムという品種の交配種です。 アビシニア7は、コーヒー伝播の歴史の中で、アビシニア (エチオピアの旧名)から持ち込まれた品種の血筋を色濃く残している品種です。 ベルゲンダール地区は、オランダ人によりジャワ島からスマトラ島へコーヒーの木が持ち込まれた最も古い産地の一つであり、エチオピア由来のアビシニア 種などのユニークな品種が多く見られることでも知られています。 ユニークな品種と高い標高から生み出されるのは、通常のアチェ・マンデリンとは一線を画した、独自の複雑な香味の最高級グレードです。

セール中のアイテム